image




















ソヘル・ラナ (バングラデシュ)
【? ~ 】



ラナはバングラデシュで農地を所有していた。

ラナは近年の世界的ファストファッションブームにより、西洋から莫大な仕事を受注出来る事に目をつけ、所有していた農地を売却し、その資金を元手にバングラデシュ・ダッカ近郊に縫製工場ラナ・プラザを設立する。

3000人もの従業員を雇用し、バングラデシュ国内でも有数の売り上げを誇る企業に急成長した。

しかし、現在の規模の工場だと、これ以上の受注に対応出来ないと社員に指摘されるとラナは、

「じゃあ増やせばいいだろう?そうすればもっと稼げる。簡単なことだ」

と言って、現在5階建てのビルに無理矢理3フロア増築するよう指示する。

だが、ラナ・プラザは、5階までの建物としてしか建築許可を取得していなかった。

結局、3フロア増築したのだが、支えもなく安全基準を無視した違法建築であった。

また、少しでも作業場を広げようと、増築した3フロアが元々のビルから飛び出すといういびつな構造になってしまった。


2013年4月23日、緊急の受注が6万着入り、忙しい1日であった。

従業員は忙しい最中、ある事に気付いた。

ビルの室内の柱にヒビが入っている事に気付いたのだった。

この柱にヒビが入っている事で従業員達は急いで外に出た。

この日は現場責任者の判断で作業を中止し、帰宅することとなった。

そして、この噂を聞き付けたマスコミが、ビルに駆けつけ建物内を撮影したのだが、柱は曲がり、コンクリートが剥離している状態であった。

マスコミは写真を撮っていたが、ラナの側近が現れ、撮影が出来ないよう妨害した。

そして、マスコミに建物から早く出るよう勧告した。

マスコミはラナ本人を出すよう必死に抵抗した。

すると、ラナはカメラの前に現れ、

「いいか、言っておくぞ。お前たちが見たのはヒビではない。表面の塗料が剥がれ落ちただけだ。深刻なことは一切ない。技術者とも確認している。さあもういいだろう。帰れ!」

と捲し立て、更に

「ニュースで報道するのは止めろ。止めないとどうなっても知らないぞ」

と脅した。


翌日の4月24日、ラナはビルのヒビに対する処置を何もしていないにもかかわらず、従業員達に来ないと首だと通告する。

ラナは従業員の貧しさにつけ込み、 強制出社を命じた。

従業員達はビルの前まで来るが、いざ建物を見ると中に入るのを躊躇した。

すると、ラナの側近が現れ、
「柱1本くらいで建物が倒壊するか。ただのヒビだ!建物は壊れないから中に入って働け!入らないと今月分の給料を払わないぞ!」
と従業員達を脅したのだった。


午前8時45分、1000台以上のミシンを稼働させていると、ビル内が停電する。

しかし、発電機によってすぐに電気は点き、工場での停電はしょっちゅうあった為、従業員達は気にも留めなかった。

そして、停電後、再び1000台以上のミシンが一斉に稼働した瞬間、激しい揺れと共に、一瞬にしてラナ・プラザは崩落した。


午前10時、崩落から1時間後、救助隊が到着し、生存者の救助にあたった。

被害者の中には、瓦礫に腕を挟まれ、自ら腕を糸鋸で切って脱出した者もいた。

また、16日間倒壊したビルの中に閉じ込められ、救助された女性もいた。


日が経つにつれ、生存者はほぼ皆無となり、いつしか救助活動は遺体の搬出作業となっていた。

結局、このビルの崩落による死者は1131人、負傷者2500人以上という史上稀にみる大惨事となった。


ビルの所有者であるラナは指名手配され、事件後、インドへ逃亡しようとしたが、4日後の4月28日、逮捕された。

また、工場経営者も逮捕され、それぞれ殺人罪で起訴された。

そして、逮捕後、ラナには他にも余罪があることが判明し、その調査に時間がかかっており、現在もまだ一審すら行われていない。



∽ 総評 ∽

収益を向上させる為、無理矢理ビルを増築し、その影響で崩落を招いたラナ・プラザ。

このビル崩落による死者数は1131人であったが、これはビル崩落による死者数としては史上最悪。

それまで最悪であった1995年6月29日、韓国の三豊百貨店崩落事故による死者数502人 (負傷者937人) を遥かに凌駕する死者数であった。

また、バングラデシュとしては史上最悪の産業事故、労働災害となった。

このラナの行いは、お金儲けしか考えない人間のありがちな発想であり、さして珍しいということもない。

ただ、そんな1人の強欲な人間の暴走にしてはあまりに多過ぎる被害者数となってしまった。

まだラナ本人の裁判が終わっておらず、どのような判決になるかわからないが、バングラデシュという国柄、多分、それほど重い刑になるとは思えず、そうなったら亡くなった人も浮かばれないだろう。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★★★☆
・残虐度 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・異常性 ★★★★☆☆☆☆☆☆
・特異性 ★★★★★★☆☆☆☆
・死亡数 1131人
(負傷者2500人以上)
《発生日時:2013年4月23日》