image










クリスティーン・パオリラ (アメリカ)
【1986 ~ 】



クリスティーン・マリー・パオリラは、1986年3月31日、アメリカ・ニューヨーク州ロングアイランドで生まれた。

パオリラの母は主婦で、父チャールズは建設労働者であった。


パオリラ2歳の時、父チャールズが死亡し、続いて祖父と曾祖母が相次いで死亡した。


パオリラ7歳の時、パオリラは母と祖父の3人で暮らすようになる。

この頃からクリスティーンは脱毛症と診断され、カツラを着用するようになり、学校でいじめられるようになる。

その為、パオリラは内気で内向的な性格となっていった。


パオリラはテキサス州ヒューストンにあるクリア・レイク高校に通うようになる。

友達は1人もいなく、いじめを受けるという悲惨な高校生活を送っていたパオリラだったが、1学年上のレイチェル・コロルーティスと、ティファニー・ローウェルがパオリラに話し掛けてくる。

コロルーティスとローウェルは、美人で性格も良く、学校の人気者として校内で有名であった。

寂しそうにしているパオリラを見かねて、話し掛けたのだが、パオリラは人生で初めて出来た友人であった。


それ以来、パオリラは学校やプライベートでもコロルーティスとローウェルと常に一緒に過ごすようになり、2人の影響で性格も明るくなり、いじめられる事もなくなった。

パオリラはより強く2人に依存していくようになる。


ある日、コロルーティスとローウェルは、パオリラに校内の美人コンテストに出るよう強く勧める。

パオリラは自分自身を知っている為、自信がなかったが、2人の強い後押しもあり勇気を出して出場する。

すると、見事に優勝を果たし、応援してくれた2人に心から感謝した。


また、そんなパオリラにクリス・リー・スナイダーという恋人が出来る。

親友に恋人と、高校入るまでのパオリラには想像も出来ない幸せな生活が続くが、そんな時、1学年上だったコロルーティスとローウェルが先に高校を卒業する。


もちろん、高校を卒業しても友情関係は続き、その後も3人は仲良く過ごした。


だが、2人が高校を卒業して4ヶ月後、コロルーティスとローウェルが、美人コンテストで自分が優勝出来るよう、友人に頼み回っていた事を知る。

完全な自分の実力ではなかったのだと知ったパオリラはショックを受けるが、何よりショックだったのは2人がそんな根回しをしていた事だった。


幼い頃に培った人を信用出来ない偏屈な性格がそう簡単に変わる事もなく、次第にパオリラは2人に対して憎悪を抱くようになる。

自分と仲良くしていたのは、悲しい自分を憐れんだ為の偽善的行為だと考えるようになり、2人に対する恨みが膨らんでいった。

それは、親友として仲が良かった故、その反動も大きかった。


2003年7月18日夜、パオリラ (当時17歳) とボーイフレンドのスナイダー (21歳) は銃で武装し、ローウェルの家に向かった。

家にはローウェル (当時18歳) の他にローウェルのボーイフレンドのマーカス・レイ・プレセラ (19歳) と、コロルーティス (当時18歳) とマーカスの従兄弟アデルベルト・ニコラス・サンチェス (21歳) がいた。


ローウェルは家に来たパオリラとスナイダーを歓迎し、家の中に招き入れるが、その直後、パオリラとスナイダーは、まずローウェルとマーカスに銃を発砲し、おびただしい銃弾を浴びた2人は即死した。

そして、次にコロルーティスとサンチェスに向けて残りの銃弾全てを浴びせて射殺した。


パオリラとスナイダーは直後に逃走し、警察はすぐに捜査に乗り出すが、犯人を特定する事は出来なかった。

事件は未解決事件として迷宮入りの様相を呈していた。


事件から3年後の2006年7月、匿名の情報が警察に入り、警察はテキサス州サンアントニオで、パオリラを逮捕する。

当時、パオリラは結婚しており、夫ジャスティン・ロットと暮らしていたのだが、2人はヘロイン中毒であった。


逮捕されたパオリラは当初、4人殺害を否定した。

だが、夫ロットがパオリラが以前、4人を殺害した事を言っていたと供述した。


結局、パオリラは当時のボーイフレンド、スナイダーと4人を殺害した事を認めた。


パオリラの供述を得て、警察はスナイダー捜索に乗り出すが、サウスカロライナ州グリーンヴィルで、自殺したスナイダーが発見された。


2008年10月13日、パオリラには4件の殺人で有罪判決が下された。

死刑判決も十分にあり得たが、事件当時、まだ17歳という年齢を考慮され、翌日の14日、パオリラには終身刑が言い渡された。


2009年10月14日、パオリラには終身刑に更に懲役40年が追加されている。


現在、テキサス州の刑務所で服役中のパオリラは、仮釈放の資格を得るのは2046年、60歳になった時である。



∽ 総評 ∽

友人の好意を湾曲して受け止め、殺人に至ったパオリラ。

自身も銃を発砲し殺害したのだが、女性が銃を乱射して複数人射殺するというのは珍しい。

殺害されたコロルーティスとローウェルは、学校で人気があり華やかな高校生活を送っていた。

そんな2人が寂しそうにしているパオリラを見かねて話し掛け、3人は仲良くなった。

2人の行動には偽善というものはなく、純粋にパオリラを想っての行動だ。

確かに人気者で余裕のある2人の行動は、うがった見方をすると、勝者の余裕から来る弱者への施しという上から目線に見えなくもない。

ただ、最初はそうだったかもしれないが、2人はパオリラと真の友人となり、パオリラを裏切ったりしたわけではない。

自分を推薦しておきながら、陰で貶めるような行動をとっていたならば、「裏切られた」と言って復讐するのもわかるが、陰で投票するよう頼んでいたのである。

2人は魅力があるにも関わらず、自信を持てないパオリラに少しでも自信を持って欲しいと思い、そうしたのだ。

感謝されるならまだしも、恨まれる理由は微塵もない。

また、恐ろしいのは4人を殺しておいて、何もなかったかのように結婚し、3年間を過ごしている所である。

新しい恋人と過ごし、結婚する際、パオリラは何を思ったのだろうか?



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★★☆☆
・残虐度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★★★☆☆
・特異性 ★★★★★★★★☆☆
・殺人数 4人

《犯行期間:2003年7月18日》