image









ネイサン・イーバンエス (アメリカ)
【1982 ~ 】



ネイサンはアメリカ・コロラド州ダグラス郡に住む普通の少年であった。

ネイサンはエリック・ジェンセンという友人がおり、2人は『Troublebound』というバンドのメンバーと友達になってから生活が荒れ、グレてしまった。

ネイサンは日頃からトラブルを起こすようになり、学校をさぼりクスリに手を出し、友人の家にたむろするようになる。

母親であるジュリー・イーバンエス (43歳) は、そんな堕落した生活を送る息子を心配した。

そんな息子に失望したジュリーは、もはや自分ではどうしようもないと悟り、ジュリーはネイサンの許可もなく、勝手にミズーリ州にある軍隊の私立学校に入学させようとする。

この事に怒りを覚えたネイサンは、凶行に出る。


1998年6月5日、ミズーリ州に行く予定の日、ネイサンとエリックは、母親ジュリーを暖炉鋏で20回以上殴り、最後に絞め殺した。

そして、ジュリー殺害後、ネイサンとエリックは殺害現場を清掃して殺人の痕跡を消す為、『Troublebound』のメンバーに電話し、助けを求めた。


警察はネイサンの母親の血まみれの死体を、人気のない公園で発見する。


そして、翌日の6月6日、ネイサンとエリックは逮捕された。


裁判が開廷されたが、焦点はどちらが先に手を出したか、そして、最後に絞め殺したのがどちらかという事であった。

しかし、2人から電話を受けた『Troublebound』のメンバーであるブレット・ベイカーは、自身の免責と引き換えに、2人に対し不利な証言を行った。

ベイカーはネイサンがジュリー殺害の首謀者であり、ジュリーを絞め殺したのはネイサンであると告げた。


2000年1月27日、ネイサンには仮釈放なしの終身刑が言い渡された。



∽ 総評 ∽

更正を兼ねて軍隊の学校に無理矢理入れられそうになり、それに反発して母親を殺害したネイサン。

ジュリーはグレて手を焼いていた息子の更生を望み、精神的・肉体的に鍛える為に軍隊の学校に入れようとした。

軍隊や軍隊学校に入れれば、少しは真面目になるだろうという発想自体安直だと言われればそれまでだが、母親からしてみれば、藁をもすがる気持ちだったのだろう。

これは以前掲載したキップランド・キンケルもそうであった。

キンケルも無理矢理軍隊に入れられようそうになり、それがきっかけとなり凶行に走ってしまった。

もちろん本人が望んでいた事ではない為、反発を生むのは当然だが、そもそも母親を困らせたのはネイサンだ。

本人にも言い分があるだろうが、その程度の理由で母親を殺害するというのは、救いようがなく許し難い。

ただ、記事を作成していて父親が全く登場して来ない事から片親だった可能性は高く、ネイサンも普通の幸せな生活を送っていたわけではないのかもしれない。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★☆☆☆☆
・残虐度 ★★★★★★☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★★☆☆☆
・特異性 ★★★★☆☆☆☆☆☆
・殺人数 1人

《犯行期間:1998年6月5日》