image


















バエカニー (インドネシア)
【1961~ 】



1961年、バエカニーはインドネシアで生まれた。


バエカニーは双子として生まれ、元々ハサンという名前で、双子のもう1人がバエカニーという名前であった。

しかし、その双子の兄弟バエカニーが生まれて間もなく死んでしまい、ハサンはバエカニーに改名した。


バエカニーはインドネシアの首都ジャカルタで、タバコや軽食を売る仕事していた。


そんな仕事をしていたバエカニーは、困ったストリート・チルドレンをよく面倒をみていた。

バエカニーはそんな少年達を自らの家に保護していた為、『ベイブ (お父さんという意味) 』と呼ばれ、親しまれていた。


だが、そんなバエカニーは少年達を家に連れ込んでは、ソドミー (性行為の事だが、基本的には男性同士の行為をさす) を行い、最後には絞め殺していた。


バエカニーの餌食になったのは、6歳から12歳の幼い少年であった。

また、バエカニーは殺害後、死体をバラバラにして遺棄した。


2010年1月、黒いビニール袋に入れられたアルディアンシャ (9歳) のバラバラ死体が発見され、捜査に乗り出した警察は、同月の8日、バエカニーを逮捕した。

逮捕されたバエカニーは、1993年から2010年までの間に、14人もの少年を殺害した事を自供した。

しかし、立証されたのは4人で、バエカニーは少年4人殺害で起訴された。


2010年10月、裁判でバエカニーには終身刑が言い渡された。



∽ 総評 ∽

ストリート・チルドレンを騙して強姦し、殺害したバエカニー。

生活に困窮しているストリート・チルドレンを面倒見る振りをして家に連れ込み、強姦し殺害するという鬼畜ぶりだが、少年の調達方法としては悪くない発想ではある。

ただ、犠牲者の年齢が6歳から12歳と、少年の中でも更に年端もいかない年齢で、バエカニーの犠牲者遺族からの恨みは想像に難くない。


バエカニー本人は14人の殺害を自供しているが、相手がストリート・チルドレンということと、場所がインドネシアということ、犯行期間が17年ということを考えれば、もっと殺害していてもおかしくない。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★☆☆☆☆
・残虐度 ★★★★★★☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★★☆☆☆
・特異性 ★★★★★☆☆☆☆☆
・殺人数 14人

《犯行期間:1993年~2010年》