image






梁勝祖 (香港)
【1972~ 】


image




陳文樂 (香港)
【1965~ 】


梁偉倫 (香港)
【1979~ 】



1999年、香港で凄惨な事件が起こる。


香港在住の樊敏儀 (23歳) は、祖母の医療費を稼ぐ為、ナイトクラブで働いていた (麻薬によるトラブルとも言われているが、定かではない) 。

そのクラブで樊は陳に借金をしていた。


陳は樊に借金の返済を強く求めた。

樊はこの時、妊娠していたのだが、そんな妊婦の樊に無理やり客を取らせ、相手をさせていた。


その後、樊が借金を返せない事が分かると、陳は仲間の梁勝祖と梁偉倫を呼び、3人で樊を拉致する。

樊を陳の所有するアパートに監禁すると、数週間に渡り拷問と暴行を加えた。


アパートの窓やドアは木で塞がれ、周囲に樊の悲鳴が漏れないよう万全な準備をした中で行われた暴行は、凄惨を極めた。

その拷問は樊の足の肉を焼いたり、暴行で露出した傷口に唐辛子を塗り込んだり、溶けたプラスチックを太腿に垂らしたり、糞尿を無理やり食べさせたりといった非情なものであった。


樊が苦痛で叫べば笑うよう強要し、笑わないと暴行した。

また、麻薬を吸うよう強要もした。


顔は腫れ上がり、歯は抜け落ち、体は血と膿で異臭を放っていた。

精神的にも肉体的にもボロボロになっていた樊を、最後は両手から電気を流し、数週間の拷問の末、ついに死に至らしめた。


その後、陳らは樊の死体を浴槽に運び、鋸でバラバラに解体する。

初めは主に解体したのは梁勝祖であったが、内臓の臭いに嘔吐してしまい、作業を続けられなくなった為、結局、陳がバラバラにした。

内臓はビニール袋に詰め、後日、ごみ収集所に捨てた。


そして、樊の身元がばれないように、樊の頭を切り取り、鍋に入れてストーブで煮込み、たまたま部屋にあった「ハローキティ」の人形の中の綿を取り出し、頭を人形の頭の中に詰め込んで縫合した。

そして、3人は逃亡した。


その後、アパートに住む住民から悪臭がするとの苦情があったのだが、管理人は警察に通報しなかった。


1ヶ月後の5月24日、梁偉倫の彼女である阿芳 (13歳) が、幽霊にとり憑かれるという夢を見ると女児院で話した事で、警察に通報される。


警察はすぐさまアパートに踏み込むと、部屋の中は強烈な悪臭と無数の虫が飛んでおり、廊下の奥に無造作に置かれた血で滲んだハローキティの人形を見つける。

警察が人形を手に取ると、中から硬い感触が伝わり、中を開けると樊の頭が入っていた。

また、その頭を煮込んだ鍋も押収した。


警察は聞き込みの結果、犯人は陳ら3人と、断定。


同年5月27日、陳を自宅で確保。

梁偉倫は山東省で偶然見つけ逮捕し、最後に残った梁勝祖は、逃げられないと悟ってか、自ら警察に出頭した。


裁判が始まると、3人は互いに罪をなすりつけあい、梁勝祖と梁偉倫は、全て陳の指示のもとでやったと主張した。


2000年12月6日、裁判官は3人の罪には差はないとし、3人には最も重い終身刑が言い渡された。

裁判官は減刑の申請には最低でも20年の服役が必要とし、
「近年、このような残忍で変質的、堕落に暴力、冷淡で凶暴残虐な事件を聞いたことがない。このような手法で他人に危害を加える事は、禽獣でもありえない」
と3人を厳しく避難した。


判決後、3人は直ぐに上告したが、梁勝祖と梁偉倫については上告を棄却された。

陳のみ認められ、陳については樊が死亡する1日前から現場に居合わせなかったことから、故殺については誤りとされた。


2004年3月、陳は禁固18年に減刑されたのだが、この裁判の結果に非難が集中した。


余談だが、樊の頭蓋骨は事件の唯一の物的証拠であった為、裁判が全て終わるまで火葬できず、事件から約5年経過した2004年3月26日、ようやく家族の元に戻され火葬された。


最後に陳が樊の頭を人形の中に詰めこんだ際、作業しながら樊の頭に話しかけた言葉を掲載したいと思います。

「よしよし、動かないでね。今俺が着飾ってあげるからさぁ」 



∽ 総評 ∽

この3人の起こした事件は「ハローキティ殺人事件」と呼ばれ、映画化やドラマ化もされるほど、当時の香港を震撼させた。

また、香港で最もセンセーショナルな事件においても、歴代で4位になるほど、この事件は衝撃的であった。


この樊に行われた拷問は、日本で起きた『綾瀬女子高生コンクリート詰め事件』と非常に似ている。

か弱い女性を何日にも渡りよってたかって暴行の限りを尽くし、最後は惨殺する。

多人数での犯罪の場合、綾瀬の事件もそうだが、このように過激になる傾向にある。


また、裁判で3人は他人に罪のなすりつけをし、醜いところを見せたが、これも複数人で犯行に及んだ場合、よくみられる傾向である。


欧米のシリアルキラー達も、もちろん陰惨な拷問の末、殺害することはあるが、東洋人の方が陰湿で残酷でしつこい印象があるのは私だけだろうか?



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★★★☆
・残虐度 ★★★★★★★★★★
・異常性 ★★★★★★★☆☆☆
・特異性 ★★★★★★★★☆☆
・殺人数 1人

《犯行期間:1999年4月?~5月》