image














ジェフ・ワイズ (アメリカ)
【1988~2005】



本名ジェフリー・ジェームズ・ワイズは、1988年8月8日、アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス生まれのワイズは、ネイティブ・アメリカン (チペア族) であった。


ワイズ8歳の時、父親が自殺し、10歳の時には、母親が交通事故に遭い植物人間になってしまう。

ワイズは10歳にして、両親の相次ぐ不幸に見舞われてしまうのである。


そんな中、ワイズは元警察官の祖父に引き取られ、育てられることになる。


祖父の住んでいた所は、レッドレイク・チペア族の保護区であった。

ワイズはこの保護区での生活になじめなかった。

祖父との関係も良くなく、祖父は26歳年下の愛人と住んでいたのだが、その愛人とも上手くいかなかった。


レッドレイク高校に進学したワイズは、黒のトレンチコートを夏はおろか、1年中着ていた。

授業中、ノートにドクロやハーケンクロイツを描いていた。

そんなワイズには彼女はおろか友達もいなかった。


2004年、ワイズは校則違反の常習者だった為、無期限の停学処分を受けてしまう。

これにより、ワイズは完全に引きこもりになってしまい、鬱病の症状が現れ始める。


ワイズの唯一の心の拠り所はネットであった。

ワイズはあらゆるウェブサイトに様々なハンドルネームでメッセージを書き込んだ。

ワイズはナチの思想に被れ、ネオナチのサイトにもネイティブ・アメリカンの純潔を守る
『ネイティブ・ナチ』
として書き込んでいたことが後に判明している。


また、ワイズは『ターゲット・プラクティス (射撃演習) 』というフラッシュ・アニメを作成し、ウェブ上に公開している。

そのアニメの内容とは、主人公がライフルで一般人や『KKK』、警察官を射殺して最後はライフルで自殺するというものだった。


2005年3月21日、ワイズはついに精神のたがが外れてしまう。

ワイズは手始めに拳銃で仲の悪い祖父と愛人を射殺。

防弾チョッキを着て、家にあったショットガンを持ち出すと、祖父が所有するパトカーでレッドレイク高校に向かった。


校門を通過すると、まずは2名の警備員を射殺。

それを見ていた女性警備員は、校内に逃げて教師や生徒達にその事を告げる。


校内に侵入したワイズは銃を乱射して回り、まず、教師1人と生徒3人を射殺。

この時、複数の教師や生徒が警察に通報していた為、午後3時頃だと判明している。


この後、ワイズは3人を射殺。

5人が重傷を負った。


通報により警察が25分後に到着し、校内に突入すると、ワイズと銃撃戦となった。

ワイズは太腿と臀部に銃弾を受け、完全に戦意喪失してしまう。

観念したワイズは近くの教室に逃げ込むと、銃で頭を撃ち自殺する。

享年わずか16歳であった。


事件後、ワイズがメールで『高校襲撃計画』を10人以上の人間に相談し、計画を練り上げていったことがわかった。

その相手とは全員がレッドレイク高校の生徒であった。



∽ 総評 ∽

自分の高校を襲撃したワイズ。

ワイズは性格、犯行までの過程、家庭環境など、スプリーキラーの典型とも言える人生を送った。

ワイズのようにナチスの思想に傾倒するシリアルキラーは多い。

ただ、ワイズは幼い頃に両親に不幸が訪れ、それを目の当たりにし、相当なショックを受けたのは間違いない。

そうだとすると、ワイズにも十分に同情の余地はある。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★☆☆☆☆
・残虐度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★☆☆☆☆☆
・特異性 ★★★★☆☆☆☆☆☆
・殺人数 11人
(他負傷者5人)
《犯行期間:2005年3月21日》