image
















マージョリー・アームストロング (アメリカ)
【1945~ 】



2003年8月28日、アメリカ・ペンシルバニア州エリー湖に近いPNC銀行で強盗事件が起こる。

犯人はピザ配達人のブライアン・ウェルズ (46歳) という男性で、ウェルズはピザの配達を30年続けるベテランであった。


ウェルズは同日午後1時47分にピザの配達に出、午後2時20分に銀行に着くと、銀行の窓口の行員に、手紙を渡した。

そして、杖を改造したライフルを突き付け、25万ドルを要求した。


行員はこっそり警察に通報すると共に、
「これしか用意できない」
と言って8000ドルをウェルズに渡した。

ウェルズは落ち着きがなく、時間をとにかく気にしている様子であった。


午後2時28分、銀行から逃亡したブライアンは、なぜかハンバーガーショップに立ち寄り、花壇の中を探り、再び逃走する。


しかし、通報を受けた警察が2時32分に到着し、ブライアンを包囲する。

ブライアンはあっさり逮捕されたが、警察官に首にかけてある首輪式の爆弾を外してくれるよう頼んだ。

ウェルズは
「俺に首輪がついているだろう!この首輪には爆弾がついている!もうすぐ爆発する!」
と叫んだ。

ウェルズが言うには、ある家にピザを届けに行った所、その客に銃を突きつけられ、この首輪をはめらたらしい。

ウェルズは更に
「この首輪には時限爆弾がついている。これを着けたやつに、銀行に行って強盗をしてこいと命令された。その金を持ってきて帰って来たら爆弾を解除してやると言われたんだ。俺は被害者なんだ」
と叫んだ。

また、
「この爆弾にはトリップコードが仕掛けられていて、誤って処理すると爆発すると言われた!」
と叫んだ。


警察はすぐに爆弾処理班を呼んだ。

しかし、爆弾処理班が到着する3分前、首輪の爆弾が爆発してしまい、ウェルズは爆死してしまう。

ウェルズの最後の言葉は
「ピザ屋の店長に連絡させてくれ」
であった。


この爆破事件は生中継で放送され、その爆発の瞬間がしっかりとテレビに流され、全米に衝撃を与えた。

また、映像は世界中にも流された (現在もネットで視聴可能であるが、かなりグロテスクな映像なので、観る際は注意して頂きたい) 。


もちろんこの事件はただの銀行強盗による自らの爆死事件なんかではなかった。


翌日の8月29日、事件の捜査はFBI指揮のもとで行われることになる。

実は、ブライアンは9枚もの犯行指示書を持っており、その指示のもとに行動していたことが判明する。

FBIはその指示書通りに捜査するも、証拠らしい証拠は何も得られなかった。

その為、捜査は行き詰まってしまう。


そんな中、同年9月20日、イリー郡警察から1本の連絡が入る。

郡警察はウィリアム・ローススティーンという男性から
「冷凍庫に死体が入っている」
という通報を受け、ウィリアムの家を訪ねると、冷凍庫の中から死体を発見する。

遺体はジェームズ・ローデンという男性で、ウィリアムの証言では、8月13日、ウィリアムの知り合いの女性マージョリー・アームストロングから連絡があり、ウィリアムはマージョリーの家を訪ねた。

すると、マージョリーの恋人ジェームズ・ローデンが浮気をしたということで、マージョリーに射殺され、ウィリアムに死体を処理するよう頼んだ。

しかし恐怖を感じたウィリアムは警察に通報し、ウィリアムは死体遺棄の容疑で、マージョリーは殺害容疑で逮捕されたのだった。


FBIは爆弾や改造銃作る技術を持っている人間が、ウィリアムであると踏んでいた。

しかも、ウィリアムの自宅には作業場もあることが判明する。

これによりFBIは、プロファイルにより、技術者ウィリアム、主犯格マージョリー、実行犯ウェルズの3人による一連の犯行だと確信し、裏付けの為、 捜査を進めた。


マージョリーに尋問した警察は、マージョリーがIQが非常に高く、狡猾で冷酷な人物であると判断し、マージョリーの身辺について洗い始めた。

すると、マージョリーは過去に2度、結婚していたが、2度とも夫が不審死していたことがわかった。


1984年には、当時、付き合っていたボーイフレンドを射殺する事件を起こしているが、この時は正当防衛が認められ、無罪となっていた。


刑務所に収容されていたマージョリーとウィリアムには、何度も取り調べが行われたが、2人からは自白が得られず、2004年7月に、ウィリアムが急性白血病で死亡してしまう。


2005年7月、マージョリーは弁護士を伴い、捜査官に刑務所の移動を条件に有力な情報を提供すると持ちかけた。

そして、マージョリーはウィリアムに爆弾を作らせ、恋人のローデンは情報を漏らそうとした為、射殺したと自供する。

これでマージョリーを起訴できるかと思えたが、弁護士が精神鑑定の必要を訴えた為、マージョリーの起訴には持ち込めなかった。


再び捜査が息詰まってしまうが、2007年、ウェルズの馴染みの娼婦から、
「2人でケネス・バーンズという男の家に行ったのだが、そこにマージョリーがいた」
という証言を得る。

これにより、マージョリーとウェルズが繋がり、ケネスに事情聴取を始めた所、自分のけいを軽くすることを条件に供述を始めた。


ケネスによると、主犯格マージョリーを筆頭に、ウィリアム、ウェルズ、そしてケネスの4人は仲間であった。

ウェルズは配達途中、ウィリアムの家に行き、マージョリーに偽物だと騙されて首輪式爆弾を装着される。

しかし、装着後、爆弾が本物であると言われ、犯行指示書を渡される。


銀行に向かったウェルズは、緊張と焦りから動揺し、わずかなお金しか奪えなかった為、現場にいたマージョリー達は逃走した。

マージョリー達は、事件にかかわった自分達は、ウェルズが爆死した為、捜査の手が届くとは思っていなかった。


2007年7月、マージョリーは起訴され、終身刑が言い渡されたが、現在も無罪を主張している。


最後に爆死したウェルズに対してマージョリーが言い放った言葉で終わりたいと思います。

「使えない男ね」



∽ 総評 ∽

仲間の1人に爆弾を装着し、銀行強盗してくるよう脅した上、爆死させたマージョリー。

しかも、装着させてから実は爆弾だと発言し、言う通りにしないと爆発すると脅す。

その残忍ぶりはシリアルキラーの中でも異彩を放つほどだ。


通常、複数人で犯行に及ぶ場合、男性主体で行われる事が多く、マージョリーのように3人もの男性に有無を言わず従えさせるというのは珍しい。

何故、3人の男性達は、マージョリーに従っていたがわからないが、それほどマージョリーが恐ろしかったのであろう。

女性というのは時として男性以上に残忍で恐ろしい一面を見せる。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★★★☆
・残虐度 ★★★★★★☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★★★☆☆
・特異性 ★★★★★★★★☆☆
・殺人数 3人
(他2人の殺人の可能性大)
《犯行期間:2003年8月28日》