image









ジョン・ボーデン (イギリス)
【1956~ 】



ジョン・ジンジャー・ボーデンは、1956年、イギリス・ロンドンで生まれた。


ボーデンの家は両親も健在の普通の家庭で、幼少時のボーデンは性格も明るく、他人に親切であった。


しかし、成長するにつれ酒に溺れ、アルコール依存症になっていった。

ボーデンは悪仲間とつるんでは、窃盗、強盗、暴行、傷害などの犯罪に手を染める。


結婚もするがそんなボーデンとの生活が上手くいくはずもなく、すぐに妻は愛想を尽かして出て行き、離婚となった。


そんなボーデンは24歳の時に逮捕され、刑務所に入ることになる。


その後、刑務所で5年間過ごしたが、この間に脱獄を試み、独房に移された。


刑務所を出所したボーデンだったが、刑務所暮らしのせいで、その性格が刑務所に入る前より凶暴になっており、更に荒んだものになっていた。

出所後のボーデンは再び仲間達と共に悪行を繰り返した。

その仲間とは、墓掘りのマイケル・ウォードと、ポーターのデイヴィッド・ベグレイで、両者ともアルコール依存症であった。

ボーデンを含んだこの3人組は強盗の常習犯であった。


ボーデンは3人組になった事で、更に凶悪な行為を平然と行うようになる。

元ボクサーのドナルド・ライアンをアパートの一室に連れ込むと、鉈で頭を殴りつけ、熱湯風呂に突き落とした。


ライアンは失神はしたが、まだ息をしていた。

ボーデンはライアンをバスタブから引き上げると、ベッドルームに運び、生きたまま電動ナイフで、両手・両足、頭の順に切断した。

ベッドルームは血の海と化した。


ボーデンはライアンの生首をトロフィーのように高く掲げ、大喜びした。

そして、その生首を冷蔵庫にしまった。


ボーデンらはライアンの解体作業が終わると、近所のパブに行って酒を飲んだ。

泥酔して殺害現場に帰ってくると、床一面血だらけの上で眠った。

バラバラにした手足と胴体は、空き地や路地に捨てた。

そして、頭部もゴミ捨て場に捨てた。


適当に捨てた死体はもちろん発見され、ボーデン達はすぐに逮捕された。


裁判が開かれると、法廷で事件の詳細が報告され、それを聞いた陪審員達は気分が悪くなり、吐き気を催す者が多数現れ、裁判は一時、休廷になるほどであった。


1982年、ボーデンには25年の禁固刑が言い渡され、ウォードとベグレイには15年の禁固刑が言い渡された。


ボーデンは最高厳戒刑務所に収容されたが、1983年に、囚人仲間のジェイムズ・マッケーグと、刑務所副所長を人質にして、立て籠る事件を起こしている。


最後に、裁判で判決を言い渡された時に、ボーデンが判事に言った言葉を掲載したいと思います。

「うるせえ!老いぼれ。癌になってくたばっちまえ!」



∽ 総評 ∽

仲間と共に残虐の限りを尽くして殺害したボーデン。

ボーデンの家庭には問題がなく、何故、ボーデンがここまでの性格になってしまったのかよくわからない。

以前も何度も言っていることたが、1人よりも複数人で犯行に及ぶ方が、過激になり被害者の数が増えたり、残虐になる傾向にある。

被害者が1人だったことが、唯一の救いであろう。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★☆☆☆☆
・残虐度 ★★★★★★★☆☆☆
・異常性 ★★★★★★★☆☆☆
・殺人数 1人