image













ローレンス・ビッテイカー (アメリカ)
【1940~ 】



image












ロイ・ノリス (アメリカ)
【1948~ 】



ローレンス・シグムンド・ビッテイカーは、1940年9月27日、アメリカ・ペンシルベニア州で生まれた。


幼い頃に養子に出されたビッテイカーは、IQが138もあった (通常、東大生のIQですら120程度) 。


ビッテイカーは19歳の時、自転車を盗み逮捕されて以来、刑務所と外を何度も行き来する。

そんなビッテイカーは、カリフォルニア州刑務所に服役した時、ロイ・ノリスと出会う。


ロイ・ルイス・ノリスは、1948年2月2日、アメリカ・コロラド州で生まれた。


ノリスは10代の頃から常習的な犯罪者で、ビッテイカー同様刑務所と外を行き来する生活を送っていた。

そんな異常者の2人は、刑務所で出会ってすぐに意気投合する。

ビッテイカーとノリスは、

「外に出たら女をレイプし、拷問した挙げ句、殺そう」

という話しをしていた。


釈放されたビッテイカーとノリスは、刑務所内で計画していた通り、まず1台のヴァンを買う。

このヴァンを『マーダー・マック』と呼び、女性を誘拐する道具とした。


1979年6月24日、ロサンゼルスのレドンド・ビーチに現れたビッテイカーとノリスは、海辺で遊んでいたシンディ・シェイファー (16歳♀) を車に引きずり込む。

そして、口を塞ぎ、手足をロープで縛った。

その後、2人は少女を近くの山に連れて行き、両肘をハンマーで粉々に潰し、激痛にもがき苦しむシェイファーを2人で交互に何度も強姦した。

その後、乳首をペンチで潰し、最後に針金のハンガーで首を締めて殺害したのだが、締める際にペンチで徐々に締め、殺しを長引かせ楽しみにながら殺害するという残虐な方法で殺した。


同年7月8日、2人はパシフィック・コースト・ハイウェイを流し、アンドレア・ホール (18歳♀) を拉致する。

そして、強姦だけでは飽きたらず、肛門姦も行い、最後はビッテイカーがアイスピックをホールの耳に突き刺し殺害した。


同年9月3日には、ジャッキー・ギリアム (15歳♀) とジャクリーン・ランプ (13歳♀) の2人の少女が狙われ、拷問された挙げ句、強姦され殺害された。

2人は2日間に渡り拉致され、ビッテイカーとノリスに散々強姦された。

そして、ギリアムはアイスピックで刺し殺され、ランプはハンマーで殴り殺された。

後に法廷で殺人の様子を収めた録音テープが流されるのだが、これはこの2人の殺害の様子を収めたものだった。


同年9月30日にはシャーリー・サンダース (♀) が誘拐され強姦されたが、サンダースは運良く逃げる事が出来た。

だが、サンダースは強姦のショックでビッテイカーとノリスの顔を一切覚えておらず、また、車のナンバーも覚えていなかった。


同年10月31日、シャーリーン・レッドフォード (16歳♀) が誘拐され、凌辱の限りを尽くされ、拷問された挙げ句、ハンガーで絞め殺された。

このレッドフォード殺害も録画されていたのだが、2人はレッドフォードの死体と共にハロウィーンの時期だったという事もあり、パーティーをして楽しむ鬼畜ぶりを披露した。

順調に殺人活動を続けていた2人だが、逮捕は呆気ないものだった。

ノリスが殺人の一部始終を囚人仲間のジミー・ダルトンに自慢げに打ち明け、そのダルトンが警察に通報したのだ。


初めにノリス、そして次にビッテイカーが逮捕された。

ノリスは司法取引に応じ、ビッテイカーを警察に売った。

殺人の主犯はビッテイカーだと主張したのだ。


ビッテイカーが裁かれていた法廷では、殺人の様子を録音したテープが流された。

傍聴人の中には、そのあまりの内容に吐き気を覚え退廷した者や、涙を流す者も多数存在した。

そのテープが流れてる間、ビッテイカーは無表情でそれを聞いていた。


司法取引に応じたノリスは終身刑で済み、ビッテイカーは1981年に死刑が言い渡された。

ノリスは2010年に仮釈放される予定であり (実際されたかは不明) 、ビッテイカーは連続殺人鬼マニアの間でヒーローとなり、刑務所にはファンレターが殺到している。



∽ 総評 ∽

女性をはなから殺害する目的で車を購入し、殺人行脚に出たビッテイカーとノリス。

ただ殺害するだけでなく、その殺害方法は凄惨を極め、殺害してる様子をテープに録音するという鬼畜ぶりも発揮した。

ビッテイカーは逮捕後、すべての罪を認めた潔さがあるが、ノリスは主犯はビッテイカーと主張し、責任の多さをビッテイカーになすりつけた。

しかも、捜査協力するという司法取引にも応じ、死刑を回避する事に成功しているしたたかさを見せたが、はっきりいって罪を認めたビッテイカーに比べ、卑怯で許し難い。

確かにビッテイカーよりもノリスの方が残酷ではなかったかもしれないが、一緒にやってきたのは事実で、どちらが罪が軽くてどちらが重いという差はない。

そもそも2人が逮捕された理由が、ノリスの軽薄さゆえであり、自分のせいで逮捕されたのに自分は罪を軽くしたいという自分勝手極まりない行動に出ている。

2人共鬼畜で救いようがないが、個人的にはノリスのほうが許せない。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★★★☆
・残虐度 ★★★★★★★★★★
・異常性 ★★★★★★★★★☆
・特異性 ★★★★★★★★☆☆
・殺人数 5人

《犯行期間:1979年6月24日~同年10月31日》