image












ユルゲン・バルチェ (ドイツ)
【1946~1976】



1946年11月6日、ドイツ西部の工業都市、エッセンで生まれた。


私生児として生まれたバルチェは5ヶ月後、母親が結核のために死亡してしまう。


孤児となったユルゲンは、やがてランゲンベルク在住の肉屋のバルチェ家に養子として引き取られた。


ユルゲンの養母は強迫性障害を患っており、その症状は不潔強迫というもので、バルチェが他の子供と遊んで汚れる事を許さなかった。


それはユルゲンが19歳で逮捕されるその日まで、ユルゲンの身体を養母が洗っていたという異常さであった。


そもそも、そんな人間が養母に適しているとは思えないが、ユルゲンはそんな家庭で育てられ、唯一の楽しみは、養父が豚を殺し、解体するところを見る事だけだった。


小学校になると、養父が毎日ユルゲンを虐待するようになった。

養母もユルゲンの陰茎を肉切り包丁で突っつき、
「こんな悪い物は切り取ってやる!」
と脅すという異常夫婦だった。


ユルゲン10歳の時、養父母はカトリックの厳格な寄宿学校にユルゲンを入学させる。


しかし、この寄宿学校は、校則が異常に厳しく、体罰などは当たり前だった。


寡黙で従順なユルゲンは、好色な司祭の格好の餌食となり、性的虐待を受けた。


その影響でユルゲンは自らも男色に目覚め、年少者にちょっかいを出すようになっていた。

また、中世の残酷な物語を通じて、サディズムにも興味を抱き始めた。


寄宿学校を卒業後、家業を手伝っていたユルゲンは、その裏で年少者への淫行に励む毎日を送っていた。


少年を言葉巧みに防空壕に誘い出すと、衣服を脱がせて、強姦した。

いたずらした下級生は、実に100人以上に及んだ。


1962年3月31日、バルチェはいつものように下級生クラウス・ユング (8歳) にいたずらしていたが、突然、少年の陰茎を切り取りたいという強い衝動にかられ、実際に少年の陰茎を切断した。

興奮したバルチェは、ナイフで喉を切り裂いて殺害する。


殺しに快感を覚えたバルチェは、

1965年8月6日、ピーター・フックス (13歳) を殺害。


1965年8月14日、ウルリッヒ・カールウェイス (12歳) を殺害。


1966年5月6日、マンフレッド・グラスマン (11歳) を殺害。


バルチェの殺しは殺す度にエスカレートしていき、殺した男の子の腹を割き、内臓を取り出し、その内臓をズタズタに切り刻んだ。

その行為の最中、バルチェの興奮はピークに達し、そのまま射精に至った。


そして、1966年6月18日、5人目の犠牲者をいたぶっている最中、バルチェは養父母との食事の約束を思い出した。

殺人に精を出していたバルチェも、養父母には頭が上がらず、そのいたぶっていた少年を置いて養父母のもとに駆け付けた。

もし、遅刻でもしようものなら、養父母に酷い仕打ちをされると思ったからだった。


その後、バルチェは戻ったが、もちろんいたぶっていた少年は逃げた後で、少年は警察に通報する。

そして、バルチェは逮捕される。


5件の殺人と1件の殺人未遂により、終身刑の判決を受けたバルチェは、

「ヒトラーに次ぐ最悪の犯罪者」

と呼ばれた。


1971年4月、犯行時に未成年であったこと、下級審では精神鑑定が無視されたことが酌量され、精神医療施設で治療を受けることを条件に10年の刑に減刑された。


1976年4月28日、バルチェは性犯罪者更正プログラムの1つである「去勢手術」を受けることに同意する。

去勢手術に同意すれば、刑期が短縮される為、バルチェは同意したのだった。


しかし、去勢手術のオペの最中、バルチェは心臓麻痺を起こし死亡する。

死亡原因は、担当医が通常使用される麻酔薬の数倍の量を投与した為だった。

この担当医が普通にミスをしてそうなったのか、故意にそうしたのかは不明。

ただ、医者が麻酔薬の量を数倍に間違えるとは思えず、また、この担当医は何の処罰もされなかった事から、故意的にそうしたと判断するのが妥当であろう。



∽ 総評 ∽

バルチェは不遇な家庭環境により異常性が身に付いてしまったが、10代にして凶悪な殺人鬼として完成に至っている。

そういう点ではバルチェにも同情の余地はあるが、「ヒトラーに次ぐ」というのはいくらなんでも言い過ぎだと思う。


バルチェの最後は、刑期減刑の為に去勢手術を行い、その失敗により死んだ。

凶悪な事件を散々起こしておいて、手術して減刑してもらおうというのはむしがよすぎる話しだが、さすがに天罰が下ったのだろう。

そういう意味ではバルチェはある意味珍しい。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★☆☆☆
・残虐度 ★★★★★★★★☆☆
・異常性 ★★★★★★★☆☆☆
・特異性 ★★★★★★☆☆☆☆
・殺人数 5人

《犯行期間:1962年3月31日~1966年6月18日》