image















オマイマ・ネルソン (エジプト)
【1968~ 】



1968年、エジプト・カイロの貧民街で生まれる。


ネルソンはわずか10歳の時から、何度もレイプされた。


ネルソンはレイプされている事をバレるのを非常に恐れた。

エジプトでは結婚前に純潔でないことはタブーとされていたからである。


19歳の時にアメリカ人男性に見初められ、カリフォルニアに移住することになった。

ネルソンはこの移住を心から喜んだ。

もうレイプされた事実が公になることを恐れなくて済むからである。


見知らぬ土地で延び延びと生活できるネルソンは、その自由奔放さが祟ってか、1990年に離婚する。

エキゾチックでナイスボディのネルソンは、ヌードモデルで生計を立てる。


1年後の1991年、ネルソンは56歳の犯罪歴のある男性と再婚する。

しかし、この結婚がネルソンの悲劇の始まりだった。


結婚からわずか1ヶ月後の1991年の12月、ネルソンは知り合いの男性の家に車で押し掛けた。

そしてネルソンは

「夫にレイプされた後、ナイフで切り刻まれそうになったので、電気スタンドで殴って逃げてきた」

と告げ、全裸になって身体中の傷を見せた。


更にネルソンは、

「死んだ夫の身体をナイフでバラバラにし、頭も切断した」

と話した。


ネルソンはその男性に

「バラバラの死体を始末して、血まみれの家を掃除てしてくれたら、7万5千ドルとオートバイを上げる」

と迫ったので、男性は恐ろしくなり、ネルソンの隙をみて警察に通報した。


刑事がやってくると、ネルソンは突然証言を翻して、夫は旅行中だと言い出した。

しかし、ネルソンの家を捜索すると、案の定バラバラ死体が発見される。


身体のパーツは段ボール箱やビニール袋などに別々に梱包され、頭だけは冷蔵庫に入っていた。

家の中はどこもかしこも血だらけで、目を覆いたくなる状況であった。


ネルソンは逮捕されたが、言ってる事が支離滅裂で、

「夫はシリアルキラーで、何人もの女性をレイプ殺人した。死体は夫が殺した被害者のものだ」

と主張。

警察は精神科医に助けを求めた。


ネルソンの証言は聞くたびに変わったが、ネルソンがレイプされたというのはどうやら事実らしい。


しかし、その後、ネルソンは夫をハサミで刺し、更にアイロンで撲殺した。


全裸になったネルソンは化粧をして、赤のハイヒールを身に付け、夫の身体をバラバラに解体。

その最中に夫の生肉を貪り食った。


また、それだけではなく、スペアリブをバーベキューにして食べた。

「あまりに美味しくて、ほっぺたが落ちそうだった」

とネルソンは思ったという。


夫の陰茎と左手薬指を切り取り、夫の生首の口の中に突っ込んで弄んだ。


精神鑑定で異常と判断され、ネルソンは2級殺人で懲役27年の刑に処された。

もし、懲役通り過ごしているとしたら、ネルソンはあと数年で釈放されることになる。



∽ 総評 ∽

そもそもネルソンが夫を殺してバラバラにした理由がよくわからない。

レイプされた怒りで突発的にやったのかもしれないが、その後の死体の弄びかたを考えれば、日頃からの怨恨が相当強かったのではないだろうか。

しかも、ネルソンは夫の身体を食べているのだが、女性がカニバリズム (食人) に走るのは極めて珍しい。


ネルソンをシリアルキラーと呼ぶには少し気が引けるが、死体の解体と状態を考えれば、快楽殺人者として十分な資質は持っているだろう。


女性は殺人に関しては、生物的に実はむしろ男よりも向いている。

その理由として、まず女性は成長すると生理現象により、日頃から血を見る機会が多く、血に対する抵抗がない。

その為、本件のネルソンのように、なんのためらいもなくバラバラにする事が多い。

ひ弱な女性が死体を運ぶのに、バラバラにしたほうが運びやすいという理由もあるが、それにしても女性のバラバラ殺人は非常に多い。


また、男以上に肝が座っているようで、殺人などで警察の取り調べでも、男の場合はショックで食事が喉を通らず、何日も寝れない日が続く人が多いらしいが、女性はむしろすっきりした表情で、食事もしっかり摂り、睡眠も十分とる人が多いらしい。


ネルソンは夫を解体する際、わざわざ全裸になり、赤いハイヒールを履いているのだが、その目的がよくわからない。

殺人の相手や、殺害方法にこだわるシリアルキラー独自の発想なのかもしれないが、それにしても、全裸にハイヒールのみというのは理解できない。


ネルソンの場合、貧民街といえど、エジプトに住んでいたほうが、結局は幸せな人生を送れたのかもしれない。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★★★☆☆☆
・残虐度 ★★★★★★★★☆☆
・異常性 ★★★★★★★★★☆
・特異性 ★★★★★★★★★☆
・殺人数 1人

《犯行期間:1991年12月》