image










ハーバート・マリン (アメリカ)
【1947~ 】



1947年4月18日、マリンはアメリカ・カリフォルニア州サリナスで生まれた。


通常の連続殺人者にみられる家庭崩壊という事もなく、ごく普通の家庭に生まれた。


ただ、唯一一般家庭と違う所は、母親が狂信的なカトリック教徒で、常軌を逸した厳しい戒律のもとでマリンを育てたことだった。


マリンは学校の成績も良く、スポーツ好きの明るい少年だった。


しかし、母親からの宗教的なプレッシャーは、マリンの性格を徐々に歪めていった (アメリカではこの種の問題が多い) 。


そして、ついにマリンの精神を変える出来事が起こる。

高校時代、親友が交通事故で死んでしまったのだ。


あまりの出来事に悲しみと喪失感から1週間も泣き続けた。

そして、その悲しみから逃避する為に、LSDなどのドラッグに手を出し始める。


ちょうどアメリカは当時、ヒッピー・カルチャー (文明以前の野生生活の回帰を促すこと) ブームが起こっており、マリンも例にもれずそれに影響を受け、髪を伸ばし髭も伸ばした。


長年に渡る母親からの抑圧が爆発の引き金となって、精神分裂症となってしまう。

正直、普通に宗教を教え込む程度で精神分裂症になるわけはないので、マリンの母親のカトリックへの厳しい戒律は相当なものだったのだろう。


薬物中毒であるマリンは、精神分裂症でもある為、精神病院への入退院を繰り返す生活を送ることとなる。


1972年、マリンは

「人を殺せ」

という「神の声」を聞く。

もちろんそんな「神の声」など聞こえるはずはない。

聞こえるはずがないというより、神がそんなことを突然言うわけがない (神の存在自体がなんとも言えないが) 。

あくまでも精神分裂による幻覚・錯覚に過ぎず、それをマリンが勝手に聞こえたと思っているだけであった。


以前掲載したヘイドニックやオノプリエンコなども「神の声」を聞いたと凶行に走ったが、聞こえないものを聞こえると言われてしまえば、こちらとしてはどうしようもない。


神の啓示を聞いたマリンは殺人を始める。


同年10月13日、ロレンス・ホワイト(55歳)をバットにより撲殺。


10月24日、メアリー・ギルフォイル(24歳)を刺殺。


11月2日、アンリ・トーメイ神父(65歳)を刺殺。


1973年1月25日、ジム・ジャネーラ(25歳)を射殺。


ジョアン・ジャネーラ(21歳・ジムの妻)を同じく射殺。


キャシー・フランシス(29歳)を射殺。


デヴィッド(8歳・キャシーの子)も射殺。


ディーモン(4歳・キャシーの子)も射殺。


2月7日、ブライアン・スコット・カード(19歳)を射殺。


ロバート・スペクター(18歳)を射殺。


デヴィッド・オリカー(18歳)を射殺。


マーク・ジョン・ドレイベルビス(15歳)を射殺。


2月13日、ブレッド・ペレス(72歳)を射殺。


しかし、ブレッド・ペレスを射殺した際、その姿を隣人に目撃され、現場から車で逃走している途中、逮捕される。


逮捕されたマリンは、第一級殺人2件と、第二級殺人8件で有罪となり、終身刑が言い渡された (アメリカの場合は州によって異なり、死刑が最高刑の州もあれば、終身刑が最高刑の州もある) 。

マリンが仮釈放の資格を得るのは、2025年、マリンが78歳の時である。



∽ 総評 ∽

マリンは神から「死の歌」を歌える能力を授かったという妄想を抱いていたらしい。

それは、マリンが「死の歌」を歌うと、相手の人間は死ななければならない。

死ななければならないのに、自殺もせずのうのうと生きてるなんてありえない。

このマリンが手を下さなければならない。

という無茶苦茶な理屈で殺人を繰り返した。

また、殺人をすれば大災害を無くせると、本気で信じていた。


マリンは母親から狂信的なまでのカトリックへの戒律、親友の事故死によって、精神に異常をきたし、ドラッグに染まり殺人鬼に変貌した。

しかし、以前掲載したマッケイやスタノのような悲惨な幼少を過ごしたゆえに殺人鬼になった者に比べれば、自分自身の弱さが原因の部分が多い。


マリンは殺人の最初こそ撲殺や刺殺を行っていたが、4人目からは全て銃による射殺で殺害している。

通常、快楽殺人者は殺しに快感を覚える為、あまり殺害に銃を使わない傾向にあるが (銃だと一瞬で終わってしまう為、殺しの充実感がない為) 、マリンは積極的に銃を使っている。


神の声や大災害を無くすことができるという思考から、マリンは殺人自体にはそれほど喜びを感じていなかったのかもしれない。



【評価】※個人的見解
・衝撃度 ★★★★★☆☆☆☆☆
・残虐度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
・異常性 ★★★★★★☆☆☆☆
・特異性 ★★★★☆☆☆☆☆☆
・殺人数 13人

《犯行期間:1972年10月13日~1973年2月13日》